豊胸

豊胸バストを元に戻すことは出来る?是非知りたい失敗の対処法!

大きくて美しいバストに憧れ、豊胸手術を受ける女性は年々増えています。海外ほどではなくとも、今やそれだけポピュラーなものになったといえるでしょう。しかし、手術を受ける女性が増えたとともに、元に戻したいというケースもかなり多くなっているのが事実です。

中でも一番多いのが、シリコンなどのバッグを挿入した場合です。思い通りの形や大きさが望めなかったり、異物を入れていることへの不安感・不快感から、バッグを取り出して元通りにしたいという方は非常に多いのです。

また、異物を入れるために身体が拒絶反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとすることがあります。この状態をカプセル拘縮をいいますが、こうなってしまうと、バスト全体が固くなり、形も不自然になってしまいます。ひどいと痛みもありますし、何より身体への害があるため、やはりバッグを取り出すことになってしまいます。

しかし、入れたものを出したからといって、決して元通りになるとは限りません。一度バッグを入れて大きくしたバストなのですから、取り出した後に、元に戻る保証はありません。しかも、バッグを取り出すことは、入れる時のように簡単にはいきません。バッグが細胞と癒着してしまっている場合など、身体への負担もかなり大きく、手術には高い技術も必要とされます。

また、逆に元通りに戻ってしまうのが、プチ整形ならぬプチ豊胸と呼ばれるヒアルロン酸注入などです。バストに注射器でヒアルロン酸を注入するこの方法では、リスクも少なく、見た目も感触も自然な豊胸法なのですが、その効果は持って2年ほどです。ヒアルロン酸が体内に吸収されるために、自然に元に戻ってしまうのです。

こうした場合は別にして、豊胸手術を受けたバストをもとに戻すには、大変なリスクがあることをお分かりいただけましたでしょうか。ただでさえ、身体にメスを入れる手術を再度受けることになるのですから、傷跡も含め、痛みやバストの状態には、かなりな身体的ダメージがあるといって良いでしょう。しかも、ご説明させていただいた通り、全く元に戻るとは限りません。

ですから、後で元に戻したいと後悔をされないためにも、こうした事をよく理解したうえで、豊胸手術を受けねばなりません。再手術で何度も身体にダメージを与えないようにしたいですね。


このページの先頭へ