豊胸

豊胸といえばシリコン!?シリコンバッグの安全性・危険性に迫る!

女性なら誰しも豊かで美しいバストに憧れますね。そのため、最近では豊胸手術を受ける人もかなり増えました。豊胸手術の中でも一番多いのがバッグ挿入法ですが、その使われるバッグの中で一番主流なものは、シリコンバッグです。

バッグ挿入法というのは、乳腺下や脇の下を数センチ切開し、そこからバストに人口のバッグを入れます。そのバッグの素材は大きく分けて生理食塩水とシリコンがありますが、現在はシリコンバッグが圧倒的に多いといえます。

シリコンとは、ケイ素と酸素の共有結合を基本とする有機ケイ素樹脂のことです。自然界には存在しない、人口物質ですが、環境に優しい物質として、医療品や化粧品など、様々な分野で利用されています。

大きさや形が比較的希望通りに豊胸出来るシリコンバッグ挿入は、豊胸手術の中でも最も多いといえます。では、そのシリコンの安全性はどうなのでしょうか。まず、この挿入法で一番多いリスクは、カプセル拘縮といわれるものです。人口のバッグを入れるため、身体が拒否反応を起こし、バッグを押し出そうと膜をつくります。すると、バスト全体が固くなり、見た目も不自然で、ひどいと痛みもあります。こうなると、感染症も引き起こすので、バッグを取り除くなどの再手術が必要となります。

また、バッグが破損し、中身が流出してしまう場合もあります。今は、万が一バッグが破れても中身が流出しないジェル状のコヒーシブシリコンというものが有り、そのリスクもかなり軽減されましたが、それでもやはり身体への害はあります。こうした場合も再手術が必要です。

バッグの取り出しといっても、入れる時のように簡単ではありません。細胞が癒着している場合がほとんどで、身体への負担も大きく、高度な技術も必要とされます。実際のところ、バッグの寿命は10年ともいわれますので、再手術を受ける確率はかなり高いのです。しかも、拘縮や、異物を入れているという不安から、再手術を受ける人はとても多くなっています。

また、バッグを注入、取り出す際には、その都度身体にメスを入れることになります。この傷はかなり痛むもので、中には数日寝込んだり、鎮痛薬も効かないほどの人もいます。また、傷跡も、ほとんどの場合1か月ほどで消えますが、中には残ってしまう場合もあるのです。

このように、シリコンバッグ挿入は効果的なバストアップが出来ますし、さらにコヒーシブシリコンなどは、安全性や見た目、感触など、かなり良くなっているのは確かですが、やはりリスクは無くなりません。手術を受ける前には、こうしたリスクも踏まえ、医師とよく相談したうえで行うことが重要です。


このページの先頭へ