豊胸

せっかく豊胸したのにまた手術!?意外と多い豊胸の再手術のワケ・・

バストの悩みは女性にとって深刻です。ですから、憧れのバストを手に入れるため、最近では豊胸手術を受ける人も増えてきました。しかし、それと同時に、再手術を受ける人もかなりいることをご存知でしょうか。さらに望みどおりの大きさや感触を求めて、自ら違った方法を試す人もいますが、手術の失敗や効果の限界により、やむを得ず再手術が必要となる場合が多いのです。

前者の例でいえば、「バッグを挿入したけれど、見た目や感触が不自然なので、今度は脂肪注入をしてみよう」とか、逆に「脂肪注入で希望通りの大きさにならなかったので、今度はバッグを入れてみよう」とかいった場合です。これらの場合は、自分の意志で行うものですから良いのですが、問題は後者です。

その例の中でも一番多いのが、バッグを挿入した場合に起こるカプセル拘縮や、バッグの破損によるものです。バッグ挿入法においては、異物を入れるため、身体が拒絶反応を起こして、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。すると、バスト全体が固くなり、形も不自然になるばかりか、ひどいと痛みも伴います。こうしたカプセル拘縮がひどくなると、身体への害もあるため、バッグの取り出しが必要となります。バッグが破損した場合も同様です。取り出しといっても決して簡単なものではありません。癒着などがありますので、高度な技術も必要になりますし、身体への負担もとても大きいものです。

また、脂肪注入によって起こる脂肪の壊死やしこりによって、再手術が必要となる場合もあります。注入した脂肪の定着がよくないと、こうした壊死やしこりが出来、感染症を引き起こす原因にもなるので、洗浄・除去などのため再手術が必要となるのです。

こうした再手術は、その原因も方法も、身体への負担がかなり大きいことがお分かりいただけるのではないでしょうか。何より何度も身体にメスを入れる結果となるわけです。

豊胸手術には多くのリスクが付き物だということをよく理解していただき、再手術の危険性も頭に入れていただいたうえで、行うことが重要だといえますね。


このページの先頭へ