豊胸

やっぱりバッグは生理食塩水!身体への害がない安心バッグの効果は?

理想的なバストにしたいと願う女性は多いですよね。小さかったり、垂れていたりというバストの悩みは女性にとって深刻です。ですから最近では、豊胸手術を受ける人もかなり多くなりました。

中でも一番多い豊胸手術が、バッグ挿入法です。これは、乳腺下や脇の下を数センチ切開し、そこからバストに人口のバッグを挿入するのです。手術も比較的短時間で、希望通りの豊胸が出来るため人気の方法です。

その挿入するバッグには、大きく分けて生理食塩水で出来ているものとシリコンがで出来ているものがあります。今はコヒーシブシリコンという、安全性の高いものが出来たため、シリコンのバッグが使われることが多いですが、やはりシリコンは人口に作られた化学物質です。身体への影響を考えると、そのリスクも高いといえます。その点、生理食塩水というのは、もともと身体の中にある成分なので、その安全性ではシリコンに勝ります。特にアメリカでは、シリコンでの豊胸でトラブルが多かったため、ほとんどが生理食塩水のバッグを使用しています。

生理食塩水というのは、血液と同じ浸透圧に調整された代用血液のことです。点滴や麻酔液を薄めたり、医療用として広く使われているものです。この生理食塩水は、内容物が水分であるため、万が一バッグが破れて漏れ出しても、速やかに体内に吸収され、尿として排出されます。ですから安全性は高いのです。

しかし、シリコンなどのバッグにくらべ、破れやすいという欠点もあり、その寿命は10年ほどです。また、流動的な見た目は自然ですが、その感触はシリコンなどに比べると硬いと感じる場合が多いようです。見た目の面でもシリコンに劣り、特に、皮下脂肪の少なく、乳腺の厚みが薄い人に使用した場合、表面にデコボコが出てしまう場合もあります。形としては、お椀型と(ラウンド型)と釣鐘型(アナトミカル型)があり、それぞれの体型やバストの形によって決めます。

また、いくら中身が安全なものとはいえ、やはり身体にメスを入れ、人口のバッグを入れることに変わりはありません。その傷は数日寝込むほど、かなり痛むものですし、傷跡も残る場合があるのが事実です。さらに再手術となれば、再び切開をすることになりますし、細胞に癒着したバッグを取れ出すのは身体への負担も大きく、高い技術を要するものです。

こうしたリスクは、バッグを挿入する際には必ずあるものです。手術を受ける前には、そのことも良く理解し、医師とよく相談したうえで決めることが大切です。


このページの先頭へ