豊胸

最新技術の豊胸で、効果的で失敗のないバストアップをしよう!

女性にとって、外見、特にバストの悩みを持つ方はたくさんいらっしゃいます。ですから、今や豊胸手術はとても人気がありますし、その方法もかなり進化しています。そこで、安全性や効果が高まった最新の豊胸法を挙げてみましょう。

まず、豊胸手術には、脂肪注入によるものがあります。この脂肪注入というのは、自分のお腹や脚の脂肪を取り、それをバストに注入するというものですが、バッグを入れる方法にくらべリスクも少なく、見た目も感触も自然です。しかし、この方法の一番の問題は、注入した脂肪の定着率でした。うまく定着しない脂肪は、壊死やしこりになってしまい、健康に害を及ぼすのです。

しかし、コンデンスリッチ豊胸という最新技術によって、そのリスクが大幅に軽減されることとなったのです。このコンデンスリッチ豊胸というのは、アメリカFDAの認可を受けた専用の機械で外気に触れないよう遠心分離し、壊死やしこりの原因となる老化細胞や細胞膜などの不純物を除去します。新鮮なコンデンスリッチファットだけを注入するため、高い定着率を実現出来るようになりました。

また、最近人気の最新技術としては、光豊胸というものがあります。幅広い波長を持つ特殊な光をバストに照射し、バスト内の組織液浸透圧を下げ、脂肪細胞を膨張させることでバストをボリュームアップさせるものです。同時にバストを支えるクーパー靭帯を強化・補正することでハリや引き上げ効果があり、新陳代謝を促すことで潤いのある美肌効果もあります。また、女性ホルモンを正常・活発化する働きもあるため、そうした面からも豊胸効果が期待出来ます。

他にも、最新技術を使った豊胸に、献血豊胸というものがあります。自分の血液を採取し、遠心分離によってPPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)という成分を取り出します。これに特殊な熱処理を施してジェル状にし、バストに注入するといった方法です。

これらの最新技術を利用した豊胸法は、往来の豊胸手術に比べ、そのリスクも大変少なく、仕上がりも自然となりました。しかし、どの方法にもやはりリスクは残っています。自分の脂肪や血液を採ることにももちろんリスクはありますし、新しい技術なだけに、これから新たにリスクが出てくる可能性も否定できないのです。

新しいからと飛びつくのではなく、よく医師と相談をし、納得の上、自分に合った豊胸法を考えてから行うことが大切なのです。


このページの先頭へ