豊胸

豊胸でバストはどこまで大きく出来るの?その最大を教えて!!

バストを大きくしたいと願う女性は多いと思います。女性なら誰でも大きく美しいバストに憧れるものですね。そうした女性の願いをかなえてくれるのが豊胸手術ですが、ではいったい、バストはどれくらい大きく出来るものなのでしょうか。自分で出来るエクササイズやマッサージ、さらにはヒアルロン酸注入や光豊胸など、リスクの少ない豊胸法は色々ありますが、やはり手術ほどの豊胸は期待出来ません。

ではその豊胸手術の中でも、一番バストを大きく出来る豊胸法が何かというと、バッグを挿入するものだと思います。脂肪注入でも、最近は技術の発達で2カップアップが可能になりましたが、基本的には1カップほどのアップがほとんどです。それに比べバッグによるものですと、人によってさまざまとはいえ、最大で5カップものアップが可能だといわれています。

もちろん誰もがそれほどのアップを出来るというわけではなく、骨格や、もとのバストの大きさや形によって、その限界も決まります。しかし、人口のバッグを入れるわけですから、その大きさも希望通りに出来る可能性が高いというわけです。

このバッグによる方法というのは、乳腺下や脇の下を数センチ切開し、そこからバッグを挿入します。一番使われるのがシリコンバッグで、今はその中でも、万が一バッグが破損しても体内に流れないよう作られたコヒーシブシリコンが主流です。ジェル状になったこのコヒーシブシリコンは柔らかく、感触も自然に近くなりました。

しかし、こうした新しいシリコンにより、破損した場合のリスクは軽減されたとはいえ、やはりバッグ挿入法には大きなリスクがあります。異物を入れるため、身体が拒否反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。すると、バスト全体が固くなり、見た目も不自然になってしまうのです。ひどくなると痛みもありますし、身体への害もあるため、バッグの取り出しや交換が必要となる場合もあります。

また、身体にメスを入れるこの方法では、その傷跡も不安に思うところですし、大きく出来るだけに、その不自然さも気になるところです。たしかに最大何カップもバストを大きく出来るのは魅力的ですが、そこだけにとらわれず、リスクもよく理解したうえで、医師と相談の上、行うことが大切といえるでしょう。


このページの先頭へ