豊胸

豊胸バストでマンモグラフィーは可能!?気になる疑問アレコレ・・

最近では、憧れのバストを手に入れるために、豊胸手術を受ける女性も多くなりました。しかし、豊胸手術したバストには常にリスクが伴います。そこで大切なのは、乳がん検査です。ですから、今ではマンモグラフィーなどの乳がん検査においても、自己申告をするように注意を促している医療機関・検診機関も多いようですね。では、実際に、豊胸したバストをマンモグラフィーで検査した際には、どんな影響が出るのでしょうか。

まず、マンモグラフィーというのは、乳がんの早期発見のためのX線撮影です。乳房を撮影装置の撮影台に載せ、圧迫板と呼ばれるプラスチックの板で撮影台に強く圧迫して撮影します。暑さ4~5センチまでに圧迫するため、かなり強く押さえつけるので、苦痛を伴います。触知不能な小さな乳がんも検出することが出来る、感度の高い検査方法で、独特の微妙な画像となるため、その読影技術は特に訓練を受けた医師でなくては難しいといわれます。これは撮影技師にも同様にいえることであり、専門知識や経験が要求されるのです。

この特殊な画像診断において、豊胸した乳房の場合は、さらに診断が難しくなります。脂肪注入による豊胸の場合も多少の診断精度の低下がみられますが、バッグによる豊胸の場合には、さらに特殊な問題が存在するため、技師や医師のさらなる技術が試されるというわけです。ですから、病変がインプラントに隠れて診断率が低下する旨を受診者が十分に納得する必要があります。

また、乳房をかなり強く圧迫するこの検査では、豊胸したバストの形が変形したり、バッグが破損するといったことも考慮しなくてはなりません。

こうした理由から、豊胸実施者のマンモグラフィーの受診を断る機関もありますし、豊胸したバストであることを、検査前に申告するように促している機関もあります。

マンモグラフィーが出来ない場合は、視触診や超音波で検査することになり、精密な検診が出来ない場合もありますので、そういったリスクも覚悟して、豊胸手術を受けなくてはなりません。そして、術後に何か自覚症状がある時には、早めに受診し、医師に伝えることが大切です。


このページの先頭へ