豊胸

豊胸したバストにメンテナンスは付き物!その重要性に迫る!

いまや豊胸手術もかなりポピュラーとなり、憧れのバストを手に入れようと手術を受ける女性もかなり増えました。そして、それと同時に、再手術などのメンテナンスも必要だということが認識されるようになりました。

一番多く聞かれるメンテナンスといえば、シリコンなどのバッグを挿入した際の、バッグの交換ではないでしょうか。人口のバッグをバストに入れるこの方法では、バッグの寿命や破損によって、取り出しや入れ替えが必要となります。その寿命は10年ほどといわれますので、ほとんどの場合が再手術を要することになるのです。最近では、バッグの進化も進み、取り換え不要と謳われるものもありますが、実際のところはまだわかりません。

また、こうした寿命や破損だけではなく、「カプセル拘縮」と呼ばれる状態によっても、取り出しや交換が必要となる場合があります。人口のバッグを入れるこの方法では、身体が拒否反応を起こして、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。この状態をカプセル拘縮と呼ぶのですが、こうなるとバスト全体が固くなり、形も不自然になってしまいます。ひどいと痛みも伴いますし、何より身体への害があるため、再手術が必要となるのです。

しかも、このバッグの取り出しというのは、決して簡単なものではありません。バッグが細胞と癒着している場合も多く、その取り出しにはかなり高い技術を要しますし、身体への負担も大きいものです。何より、再び身体にメスを入れるのですから、傷跡やバストの状態も気になるところです。

では、脂肪注入による手術の場合はどうかというと、やはり同じようにメンテナンスが必要となる場合があります。この方法では、自分のお腹や脚から取った脂肪をバストに注入するのですが、注入した脂肪がうまく定着しないと、壊死やしこりが起きてしまいます。そうなると、感染症などの危険もあるので、再手術の必要があるのです。

また、ヒアルロン酸注入などのプチ豊胸ではどうでしょう。リスクも少なく、仕上がりも自然なこの方法ですが、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、その効果は持って2年ほどです。やはり繰り返しの施術というメンテナンスが必要となるのです。

このように、豊胸手術を受けた場合、その後にはメンテナンスが必要となるものです。しかもそのメンテナンスにはかなりのリスクが伴うのです。身体への負担を良く考え、再手術も覚悟したうえで、豊胸手術を受ける必要があると言えるでしょう。


このページの先頭へ