豊胸

豊胸手術をした後に子育てで授乳するのは大丈夫?

最近では、日本人でもバストが豊かな女性が増えてきており、バストの大きさでコンプレックスを持っている女性も多くなってきているのではないでしょうか。そうした女性の多くが、豊胸手術に興味を持つのも、仕方のないことだと思います。しかし、豊胸手術というのは、女性の象徴であるバストの周囲にメスを入れる、という行為です。女性のバストというのは、ただの象徴というだけでなく、子育てをするときにも「授乳」という大切な役割を果たしますよね。豊胸手術をしたときに、こうした役割に影響が出てくることはないのでしょうか?

現代の豊胸手術はとても技術が進歩してきていて安心だと言われています。現代の豊胸手術で最も多く行われているのは、「インプラント豊胸術」と呼ばれている豊胸手術です。脇の下のあたりを少し切って、そこからバストの下に当たる部分に空洞を作り、そこにバッグを入れる、というわけですね。バッグを入れる箇所にも色々とケースがあって、現在のバストの大きさやサイズアップさせる大きさによっても変わるのですが、筋肉と脂肪の間、もしくは筋肉の下にバッグを入れるため、そこをはがすようになるわけです。

結論から言うと、手術のときに乳腺を傷つけるようなことがなければ、授乳するのに影響はありません。一番気をつけたい方法が、脂肪と筋肉の間にバッグを入れるというもので、脂肪の中の乳腺を傷つけないように気をつける必要があります。しかし、気をつけないといけないのがクリニック選びです。最近では、豊胸手術を受けることのできるクリニックがたくさんありますので、簡単に目についたクリニックで手術を受けることを決める、という女性が多いですが、これはとても気をつけなければなりません。

豊胸手術の技術が向上し、注目する女性が増えてきたことによって、豊胸手術を受けられるクリニック、というのはここ数年で急激に上昇しました。しかし、増えたクリニックの数だけ女性が豊胸手術を受けたわけではありません。なので、「豊胸手術を受けられる」クリニックであっても、「豊胸手術の経験が豊富なクリニック」であるわけではないということになります。最近できたクリニック、広告に予算をかけているクリニックにこうした特徴が見受けられることが多いので、クリニック選びは慎重にならなければなりません。うっかり経験のないクリニックで豊胸手術をしてしまうと、乳腺を傷つけられてしまうことも充分ありえますので、注意しましょう。

最後に、出産をして授乳をすると、出産前とバストの形や大きさが違ってしまうことも充分あります。実際に授乳のときに影響が出なくても、むしろ授乳が終わったあとにバストの形が変わって、せっかくの豊胸手術が合わなくなってしまっていることがあるのが問題です。出来れば、豊胸は手術でやってしまうのではなく、日々の努力で目指していくほうが良いですよ。


このページの先頭へ