豊胸

豊胸手術は名医に限る!失敗のない豊胸の要・・名医を探せ!

大きくて美しいバストは、いつの時代も女性の憧れですね。今や豊胸手術もかなりポピュラーになり、気軽に受ける女性も多いものです。しかし、身体にメスを入れる手術なのですから、そのリスクはかなり高いといえます。実際に、豊胸手術で失敗したケースは多いものなのです。そこで、失敗のない豊胸を手術を受けるために大切なこと・・・それは医師の選択です。経験が多く、技術も高く、信頼できる名医に行ってもらうことが、何より重要なのです。

では、医師の技術によって、、どんな所で違いが出るのでしょうか。まず、豊胸手術にはバッグを注入する方法がありますが、この手術では、バストに人口のバッグを挿入するために、まず乳腺下か脇の下を切開することになります。まさに身体にメスを入れるというわけです。この傷は豊胸手術の中でも大変痛いものですし、その傷跡も医師の技術によるところが大きく、傷跡が残ってしまうケースもあるのです。

また、バッグを入れる場所や入れ方によっても、医師の技術によって、自然に見えるかの重要問題となってきます。また、バッグの破損や、カプセル硬縮が起きた場合、今度はバッグを取り出さねばなりませんが、この手術においては、医師の高い技術が必要となるのです。細胞に癒着してしまったバッグを取り出すのは、入れる時と違って大変なものです。技術が高く、経験も豊富な医師でないと出来ません。

次に、脂肪注入法の場合ですが、この手術では、まず自分のお腹や脚などから脂肪を抽出することになります。この脂肪抽出においても、医師の技術が試されます。一度に多く取ってしまったり、取り方が悪かったりすると、抽出した箇所がデコボコになってしまったり、腫れや痛みが残ってしまうのです。豊胸以前にショックなことですね。

また、注入する際にも、脂肪の定着率が悪いと壊死やしこりが起きてしまうので、コンデンスリッチなどの技術を持った医師がおすすめです。特殊な機器で、しこりや壊死の原因となる老化細胞などの不純物を取り除くこの方法では、高い定着率が望めるのです。ですから、こうした技術を持ったクリニックや医師を選ぶのが良いでしょう。

このように、豊胸手術を受ける際には、その分野での名医に行ってもらうことが大切なのです。事前によく調べて、実際に医師とよく相談したうえで、受けることをおすすめします。


このページの先頭へ