豊胸

豊胸したバストはバレる!?本物と偽物の判別はココだった!

豊胸手術でバストを大きくしたいけど、手術したことを知られたくない・・という女性は多いのではないでしょうか。手術を受けたことがバレて、悲しい思いをする女性もかなりいらっしゃいます。豊胸したバストと自然のバストでは、どんな違いがあるのでしょうか。その判別される点をいくつか挙げてみましょう。

まず、一番気になるのはバストの見た目ですよね。谷間のある魅力的なバストに憧れて手術をする場合がほとんどですから、その大きさや形は重要だと思います。また、仰向けになった時などのバストの動きや状態も気になりますよね。

そして、次に重要となるのは、やはり触り心地ではないでしょうか。触った感触で豊胸がバレてしまうケースはよくあります。女性が傷つくのも、そうした場合が多いのではないでしょうか。

こういった見た目や触り心地の面から、本物と偽物が判別されてしまう例も、豊胸手術の方法によって様々です。まず豊胸手術には、バッグを入れる方法と、脂肪注入による方法があります。人口のバッグを入れる方法で一番多く使われる素材はシリコンですが、このシリコンバッグは触り心地がとても柔らかです。しかし、異物を入れることにより、身体が拒否反応を示すと、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。このカプセル拘縮といわれる状態になると、バスト全体が固く張ってしまい、形も不自然になったり、いびつになったりしてしまいます。こうしたバストは即、豊胸手術をしたものだとバレてしまうようです。

また、シリコンは流動性ではないので、普通に立っている時は綺麗な形をしていても、仰向けになった場合などに不自然なってしまう場合があります。横に流れず張り出したままのバストは、やはり自然のバストとは明らかに違うようです。ただ、今はこうした欠点を考慮したハイドロジェルバッグなど、動きによって不自然にならず、触り心地もシリコン同様柔らかいという素材もあります。

では、脂肪注入による場合はどうでしょうか。こちらは自分のお腹や脚などの脂肪を抽出してバストに入れる方法です。自分の脂肪を入れるため、バッグ挿入の場合より、見た目も触り心地も自然に近く、本物との判別も付きにくいといわれます。しかし、注入した脂肪の定着が悪いと、壊死やしこりが起こり、硬くなったり、いびつになってしまい、これも豊胸したバストだと判別されてしまうケースです。

また、同様に、プチ豊胸と呼ばれるヒアルロン酸注入による豊胸も、見た目も触り心地も極めて自然で本物との判別も付きにくいですが、脂肪注入の場合と違って、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、その効果は持って2年といわれます。ですから、小さくなってしまうことで、わかってしまう場合もあるかもしれませんね。

このように、豊胸手術を受けたバストというのは、やはり自然な本物のバストとは違います。いくら技術が発達したとはいえ、見た目や触り心地から判別されてしまうケースが後を絶ちません。そういった面をよく理解したうえで、後で傷つかないよう、納得の上で受けることが大切です。


このページの先頭へ