豊胸

豊胸手術をする前に一度見て欲しいものがあります。

バストアップ

↑は自宅で自力で豊胸してみた結果になります。 今のあなたは、

  • 胸が大きければどれだけ悩みがなくなるか…
  • 夏に堂々と水着姿を披露したい…
  • 形には自信があるけど大きさが…
  • 垂れてきた胸を上にあげたい…
  • ↑のような悩みから開放されるためにあなたは豊胸手術を考えていませんか?

    手術をすれば簡単に胸は大きくなります。 でもね、お金は膨大にかかる上、失敗のリスクも十分にあります。 まずは↓に自宅バストアップと豊胸手術を比較してみました。

    自宅で豊胸 ヒアルロン酸注入 バッグ式 脂肪注入
    費用 1万7000円ほど 10~30万円 30~100万円 100~200万円
    触感 自然 普通より硬い 偽物とわかる ほぼ自然
    痛み 無し 我慢できる程度 気絶する痛み 少し痛む

    手術をする前に一度テレビでも話題になっているこの方法を試してみてください。この方法を試さずにいきなり手術をするのは本当に危険ですし、お金もムダですよ。
    当サイトが支持されている理由は本音しかお伝えしていないからです。

    自宅で豊胸する方法の詳細はコチラ!

    豊胸やバストアップのために知りたい事・知っておくべき事

    豊胸

    豊胸になれるバストアップ方法を紹介

    胸を大きくするための豊胸手段は沢山あります。その中でも安全・安心な自然志向のバストバスト方法を取り上げてみました。胸は大切な身体の一部です。安易に手術で大きくする事を考えず、安全かつあなたに合ったバストアップ方法を探してみてください。
    豊胸

    豊胸手術についての正しい知識を学ぶ

    バストアップの手段として多くの人が「豊胸手術」を思い浮かべるのではないでしょうか。昔に比べて美容整形はポピュラーなものとなってきましたが、それでも体にメスを入れることには変わりありません。豊胸手術について正しい知識を学びましょう。
    豊胸

    豊胸手術の失敗やリスクについて知る

    バストアップ方法として即効性のある豊胸手術についてですが、どれくらいの人がそのリスクについて理解しているのでしょうか。手術に失敗はつきものです。パッドのズレや胸のシコリなど多くの失敗談が挙がっているコトを知りましょう。
    豊胸

    豊胸手術やクリニック・美容外科の口コミ・評判

    バストアップ方法や豊胸手術についての口コミや評判をまとめました。豊胸手術を施術している有名な美容整形外科やクリニックについても病院の情報や評判をまとめています。

    豊胸はしたいけど手術は怖い・・・そんな女性の希望の星・プチ豊胸☆

    バストの悩みを持つ女性にとって、大きくて美しいバストは憧れですね。しかし豊胸手術には抵抗がある方は、まだまだ多いのではないでしょうか。身体にメスを入れるのは、リスクも大きくて不安なのは当然だと思います。そこで、身体にメスを入れることなく、気軽にバストアップが出来るプチ豊胸が人気なのです。

    プチ豊胸といわれる代表が、「ヒアルロン酸注入」です。バストに注射器でヒアルロン酸を注入するものなので、メスを使わず短時間で行えます。形を整えながら約100~200CCのヒアルロン酸を注入し、1~1.5カップほどのバストアップを図ります。あまり大量に入れると形が維持出来ないため、そのサイズアップには限界があるのです。

    ヒアルロン酸は身体に害のない成分で、注入したバストは見た目も触り心地も自然です。人口のバッグを入れたり、脂肪を注入するといった豊胸手術に比べて、格段に安全性も高く、自然な豊胸法だといえましょう。何より短時間で気軽に受けられるのがプチ豊胸の魅力ですね。

    しかし、このヒアルロン酸注入では、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうことから、その効果は長く持って2年ほどです。ですから繰り返しの施術を受けることになります。いくら豊胸手術に比べ、費用も安価とはいえ、それを考えると、やはり決して安価なものではないといえるでしょう。

    また、最近多く聞かれるプチ豊胸の一つに「光豊胸」があります。これは、幅広い波長帯を持つ特殊な光をバストに照射させ、そのエネルギーによってバストを豊かに美しくするものです。光を当てるだけなので、もちろんメスも使いません。

    具体的に説明いたしますと、この特殊な光を当てることでバスト内の組織液浸透圧を下げ、脂肪細胞を膨張させるため、バストにボリュームが出ます。同時に、バストを支えるクーパー靭帯を強化させ、その配列を補正することで、張りを持たせたり引上げ効果もあります。また、新陳代謝を活発にするためバストを美しくする効果もあり、女性ホルモンの分泌を活発にするため、さらなる豊胸効果が生まれます。

    ただ、この施術では、一度で思い通りのバストアップが出来るというわけではなく、数か月かけて10回ほど行うのが平均的目安となります。効果は比較的長持ちするといわれていますが、まだ新しい方法なだけに、その効果やリスクについては、詳しくデータが出ていないというのが事実でしょう。何度も施術を行うため、費用も豊胸手術とあまり変わりません。

    このように、プチ豊胸といわれるものは、確かに豊胸手術に比べて気軽で安全だと言えますが、その効果の面では、やはり少し弱いといったところでしょうか。しかし、豊胸手術のリスクを考えると、こうした方法を試してみるのも良いのではないでしょうか。

    豊胸手術で使われる素材の良し悪し・・身体への影響徹底解明!

    女性にとっての永遠のテーマともいえる「豊胸」。最近では豊胸手術の技術も上がり、手術を受ける人も多くなっています。それだけ豊かで美しいバストへの憧れが大きいということですね。

    そこで、一番多く行われているのが、バッグを入れる方法です。乳腺下や脇の下を数センチ切開し、そこからシリコンなどの人口のバッグをバストに入れます。バッグは大きさも形も希望のものが選べますし、脂肪注入よりも施術時間が少なく、費用も比較的安いのが特徴です。

    この挿入するバッグには、色々な素材がありますが、一番使われているものがシリコンです。シリコンとはケイ素と酸素の共有結合を基本とする有機ケイ素樹脂のことで、自然界には存在しない人口物質です。この有機ケイ素樹脂は、毒性のない、環境に優しい物質として、医療品や化粧品など様々な分野で利用されています。

    このシリコンバッグの特徴は、まず柔らかくて感触が自然だという点です。しかし、流動的ではないため、仰向けになった時などのバストの形が不自然になるなどの欠点があります。また、バッグが破損して中身が漏れると、身体への悪影響も心配されます。最近人気のコヒーシブシリコンでは、ジェル状にすることで、万が一バッグが破損しても中身が体内に流出しないようになり、このリスクもかなり軽減されました。

    そして、そのシリコンの柔らかさに、さらに流動性を加えたものとして、CMCジェルバッグがあります。これは、ハイドロジェル入りのバッグで、CMC(カルボキシル・メチルロース)を生理食塩水と混ぜて作られています。非常に柔らかく自然で、仰向けになった時にも自然にバストが流れることが大きな利点です。しかし、口内スプレーや目の洗浄液などにも使われる原料で出来ているため、安全面でも非常に高いともいわれる一方、CMCが体内で毒性化されるという危険性も問題視されており、その安全性はまだ確かなものとはいえません。

    また、シリコンと同様にポピュラーなバッグの素材に生理食塩水があります。近年のバッグが登場する前から使われており、その安全性はバッグの中でも最も高いといえます。生理食塩水は、血液と同じ浸透圧に調整された代用血液で、点滴などにも用いられているため、安心な素材といえます。本来身体の中にある成分なので、万が一バッグが破損して中身が漏れたとしても、体内に吸収され、尿とともに体外に排出されるという大きなメリットがあるのです。

    ただ、シリコンに比べると感触が固く、特に胸の筋肉の薄い人の場合、デコボコ感が気になる場合もあるようです。見た目や触り心地においてはあまり良いとはいえないわけですね。

    このようにバッグの素材には色々ありますが、どのバッグにも言えることは、人口のバッグを入れることへのリスクです。身体の拒絶反応として起こるカプセル拘縮では、バッグの周りに膜を作って押し出そうとするため、バスト全体が固くなり、見た目もかなり不自然になってしまいます。ひどくなると痛みも伴いますし、何より身体に害が出るため、バッグの取り出しが必要になるのです。こうした場合以外でも、バッグには寿命がありますし、破損する場合もあり、やはり再手術が必要になります。しかも、入れる時と違って、細胞との癒着があるバッグの取り出しは、身体への負担も大きく、高い技術を要します。そのリスクは大きいといえますね。

    素材は日々進化しているとはいえ、身体に何度もメスを入れるリスクは、決して変わってはいません。素材を選ぶ前に、まず豊胸手術のリスクを頭に入れたうえで、医師とよく相談することが大切なのです。

    安くて実績のあるタイでの豊胸手術って本当に安心して受けれるの?

    女性なら誰しも大きくて美しいバストに憧れます。そのため、今や豊胸手術を受ける人もかなり多く、年々増加傾向にあります。それに伴い、豊胸技術も日々進化していますので、手術だけでなく、新しい豊胸法もかなりみられるようになりました。

    まず豊胸手術では、一番多いのがバッグを挿入するインプラントです。人口のバッグを入れるこの方法では、希望通りの大きさや形に出来ますし、比較的短時間の施術時間というメリットがあります。しかし、やはりそのためには、それ相応の料金も掛かるものです。そこで、高額な手術費用を考慮し、日本に比べると、かなり安価で手術が受けられる、タイでの豊胸手術に人気が集まりました。

    最近では、宿泊パック付のツアーなどもあり、気軽にタイで豊胸手術を受ける人も増えました。確かに技術面では日本に劣ることもないですし、それで日本での半額程度で受けられるのであれば、誰でもそちらを選びたくなりますね。

    しかし、言葉も通じない場所で手術を受けるのは、やはり不安なものです。豊胸手術にはリスクがかなりありますし、特にインプラントでは、乳腺下や脇の下を切開するため、その傷の痛みはかなりなものです。タイでの手術はほとんどが数時間の日帰りで終わりますが、傷は数日間寝込むほど痛む場合もありますし、傷跡の経過も気になるところです。1泊や2泊のツアーで気軽に受けるのは無理がある気がします。

    また、このバッグを入れる豊胸手術では、カプセル拘縮などのリスクも伴います。身体の異物への拒否反応として起こるこの拘縮は、バスト全体が固くなり、形も不自然になってしまいます。ひどいと痛みも伴い、何より身体に害があるので、バッグを取り出す再手術が必要となります。また、バッグには寿命もありますし、破損する場合もあります。そうした時にも取り出しや交換が必要です。このバッグの取り出しには、細胞の癒着などがあるため、入れる時のように簡単にはいきません。手術には高い技術も必要となります。

    ですから、安いからと決めてしまう前に、手術後のリスクもよく考えてみましょう。クリニックを選ぶ際にも、日本と違ってやはり不安が残ると思います。

    また、タイにはプエラリア(プエラリア・ミリフィカ)というマメ科クズ属の希少植物が自生しています。この植物は、古くから美容と健康に良いとされ、女性ホルモンに似た作用を持つエストロゲン・イソフラボンを含んでおり、その含有量は、大豆のほぼ40倍ともいわれます。

    日本でも今人気のこのプエラリアは、豊胸サプリメントや豊胸ジェルの成分としてナンバーワンを誇ります。輸出制限が厳しいこともあり、日本でのサプリメントやジェルより、やはりタイのプエラリアを使ったサプリメントやジェルは品質も高く、価格も安いという魅力があります。手術同様、タイの豊胸サプリメントやジェルが人気なのも納得ですね。

    こうしたことから、タイでの豊胸を考える女性も多いのですが、今一度、そのリスクなどを考慮したうえで、まずは安全で手軽なものから試してみるのが良いのでしょう。

    やっぱりバッグは生理食塩水!身体への害がない安心バッグの効果は?

    理想的なバストにしたいと願う女性は多いですよね。小さかったり、垂れていたりというバストの悩みは女性にとって深刻です。ですから最近では、豊胸手術を受ける人もかなり多くなりました。

    中でも一番多い豊胸手術が、バッグ挿入法です。これは、乳腺下や脇の下を数センチ切開し、そこからバストに人口のバッグを挿入するのです。手術も比較的短時間で、希望通りの豊胸が出来るため人気の方法です。

    その挿入するバッグには、大きく分けて生理食塩水で出来ているものとシリコンがで出来ているものがあります。今はコヒーシブシリコンという、安全性の高いものが出来たため、シリコンのバッグが使われることが多いですが、やはりシリコンは人口に作られた化学物質です。身体への影響を考えると、そのリスクも高いといえます。その点、生理食塩水というのは、もともと身体の中にある成分なので、その安全性ではシリコンに勝ります。特にアメリカでは、シリコンでの豊胸でトラブルが多かったため、ほとんどが生理食塩水のバッグを使用しています。

    生理食塩水というのは、血液と同じ浸透圧に調整された代用血液のことです。点滴や麻酔液を薄めたり、医療用として広く使われているものです。この生理食塩水は、内容物が水分であるため、万が一バッグが破れて漏れ出しても、速やかに体内に吸収され、尿として排出されます。ですから安全性は高いのです。

    しかし、シリコンなどのバッグにくらべ、破れやすいという欠点もあり、その寿命は10年ほどです。また、流動的な見た目は自然ですが、その感触はシリコンなどに比べると硬いと感じる場合が多いようです。見た目の面でもシリコンに劣り、特に、皮下脂肪の少なく、乳腺の厚みが薄い人に使用した場合、表面にデコボコが出てしまう場合もあります。形としては、お椀型と(ラウンド型)と釣鐘型(アナトミカル型)があり、それぞれの体型やバストの形によって決めます。

    また、いくら中身が安全なものとはいえ、やはり身体にメスを入れ、人口のバッグを入れることに変わりはありません。その傷は数日寝込むほど、かなり痛むものですし、傷跡も残る場合があるのが事実です。さらに再手術となれば、再び切開をすることになりますし、細胞に癒着したバッグを取れ出すのは身体への負担も大きく、高い技術を要するものです。

    こうしたリスクは、バッグを挿入する際には必ずあるものです。手術を受ける前には、そのことも良く理解し、医師とよく相談したうえで決めることが大切です。

    豊胸といえばシリコン!?シリコンバッグの安全性・危険性に迫る!

    女性なら誰しも豊かで美しいバストに憧れますね。そのため、最近では豊胸手術を受ける人もかなり増えました。豊胸手術の中でも一番多いのがバッグ挿入法ですが、その使われるバッグの中で一番主流なものは、シリコンバッグです。

    バッグ挿入法というのは、乳腺下や脇の下を数センチ切開し、そこからバストに人口のバッグを入れます。そのバッグの素材は大きく分けて生理食塩水とシリコンがありますが、現在はシリコンバッグが圧倒的に多いといえます。

    シリコンとは、ケイ素と酸素の共有結合を基本とする有機ケイ素樹脂のことです。自然界には存在しない、人口物質ですが、環境に優しい物質として、医療品や化粧品など、様々な分野で利用されています。

    大きさや形が比較的希望通りに豊胸出来るシリコンバッグ挿入は、豊胸手術の中でも最も多いといえます。では、そのシリコンの安全性はどうなのでしょうか。まず、この挿入法で一番多いリスクは、カプセル拘縮といわれるものです。人口のバッグを入れるため、身体が拒否反応を起こし、バッグを押し出そうと膜をつくります。すると、バスト全体が固くなり、見た目も不自然で、ひどいと痛みもあります。こうなると、感染症も引き起こすので、バッグを取り除くなどの再手術が必要となります。

    また、バッグが破損し、中身が流出してしまう場合もあります。今は、万が一バッグが破れても中身が流出しないジェル状のコヒーシブシリコンというものが有り、そのリスクもかなり軽減されましたが、それでもやはり身体への害はあります。こうした場合も再手術が必要です。

    バッグの取り出しといっても、入れる時のように簡単ではありません。細胞が癒着している場合がほとんどで、身体への負担も大きく、高度な技術も必要とされます。実際のところ、バッグの寿命は10年ともいわれますので、再手術を受ける確率はかなり高いのです。しかも、拘縮や、異物を入れているという不安から、再手術を受ける人はとても多くなっています。

    また、バッグを注入、取り出す際には、その都度身体にメスを入れることになります。この傷はかなり痛むもので、中には数日寝込んだり、鎮痛薬も効かないほどの人もいます。また、傷跡も、ほとんどの場合1か月ほどで消えますが、中には残ってしまう場合もあるのです。

    このように、シリコンバッグ挿入は効果的なバストアップが出来ますし、さらにコヒーシブシリコンなどは、安全性や見た目、感触など、かなり良くなっているのは確かですが、やはりリスクは無くなりません。手術を受ける前には、こうしたリスクも踏まえ、医師とよく相談したうえで行うことが重要です。

    せっかく豊胸したのにまた手術!?意外と多い豊胸の再手術のワケ・・

    バストの悩みは女性にとって深刻です。ですから、憧れのバストを手に入れるため、最近では豊胸手術を受ける人も増えてきました。しかし、それと同時に、再手術を受ける人もかなりいることをご存知でしょうか。さらに望みどおりの大きさや感触を求めて、自ら違った方法を試す人もいますが、手術の失敗や効果の限界により、やむを得ず再手術が必要となる場合が多いのです。

    前者の例でいえば、「バッグを挿入したけれど、見た目や感触が不自然なので、今度は脂肪注入をしてみよう」とか、逆に「脂肪注入で希望通りの大きさにならなかったので、今度はバッグを入れてみよう」とかいった場合です。これらの場合は、自分の意志で行うものですから良いのですが、問題は後者です。

    その例の中でも一番多いのが、バッグを挿入した場合に起こるカプセル拘縮や、バッグの破損によるものです。バッグ挿入法においては、異物を入れるため、身体が拒絶反応を起こして、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。すると、バスト全体が固くなり、形も不自然になるばかりか、ひどいと痛みも伴います。こうしたカプセル拘縮がひどくなると、身体への害もあるため、バッグの取り出しが必要となります。バッグが破損した場合も同様です。取り出しといっても決して簡単なものではありません。癒着などがありますので、高度な技術も必要になりますし、身体への負担もとても大きいものです。

    また、脂肪注入によって起こる脂肪の壊死やしこりによって、再手術が必要となる場合もあります。注入した脂肪の定着がよくないと、こうした壊死やしこりが出来、感染症を引き起こす原因にもなるので、洗浄・除去などのため再手術が必要となるのです。

    こうした再手術は、その原因も方法も、身体への負担がかなり大きいことがお分かりいただけるのではないでしょうか。何より何度も身体にメスを入れる結果となるわけです。

    豊胸手術には多くのリスクが付き物だということをよく理解していただき、再手術の危険性も頭に入れていただいたうえで、行うことが重要だといえますね。

    豊胸でバストはどこまで大きく出来るの?その最大を教えて!!

    バストを大きくしたいと願う女性は多いと思います。女性なら誰でも大きく美しいバストに憧れるものですね。そうした女性の願いをかなえてくれるのが豊胸手術ですが、ではいったい、バストはどれくらい大きく出来るものなのでしょうか。自分で出来るエクササイズやマッサージ、さらにはヒアルロン酸注入や光豊胸など、リスクの少ない豊胸法は色々ありますが、やはり手術ほどの豊胸は期待出来ません。

    ではその豊胸手術の中でも、一番バストを大きく出来る豊胸法が何かというと、バッグを挿入するものだと思います。脂肪注入でも、最近は技術の発達で2カップアップが可能になりましたが、基本的には1カップほどのアップがほとんどです。それに比べバッグによるものですと、人によってさまざまとはいえ、最大で5カップものアップが可能だといわれています。

    もちろん誰もがそれほどのアップを出来るというわけではなく、骨格や、もとのバストの大きさや形によって、その限界も決まります。しかし、人口のバッグを入れるわけですから、その大きさも希望通りに出来る可能性が高いというわけです。

    このバッグによる方法というのは、乳腺下や脇の下を数センチ切開し、そこからバッグを挿入します。一番使われるのがシリコンバッグで、今はその中でも、万が一バッグが破損しても体内に流れないよう作られたコヒーシブシリコンが主流です。ジェル状になったこのコヒーシブシリコンは柔らかく、感触も自然に近くなりました。

    しかし、こうした新しいシリコンにより、破損した場合のリスクは軽減されたとはいえ、やはりバッグ挿入法には大きなリスクがあります。異物を入れるため、身体が拒否反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。すると、バスト全体が固くなり、見た目も不自然になってしまうのです。ひどくなると痛みもありますし、身体への害もあるため、バッグの取り出しや交換が必要となる場合もあります。

    また、身体にメスを入れるこの方法では、その傷跡も不安に思うところですし、大きく出来るだけに、その不自然さも気になるところです。たしかに最大何カップもバストを大きく出来るのは魅力的ですが、そこだけにとらわれず、リスクもよく理解したうえで、医師と相談の上、行うことが大切といえるでしょう。

    最新技術の豊胸で、効果的で失敗のないバストアップをしよう!

    女性にとって、外見、特にバストの悩みを持つ方はたくさんいらっしゃいます。ですから、今や豊胸手術はとても人気がありますし、その方法もかなり進化しています。そこで、安全性や効果が高まった最新の豊胸法を挙げてみましょう。

    まず、豊胸手術には、脂肪注入によるものがあります。この脂肪注入というのは、自分のお腹や脚の脂肪を取り、それをバストに注入するというものですが、バッグを入れる方法にくらべリスクも少なく、見た目も感触も自然です。しかし、この方法の一番の問題は、注入した脂肪の定着率でした。うまく定着しない脂肪は、壊死やしこりになってしまい、健康に害を及ぼすのです。

    しかし、コンデンスリッチ豊胸という最新技術によって、そのリスクが大幅に軽減されることとなったのです。このコンデンスリッチ豊胸というのは、アメリカFDAの認可を受けた専用の機械で外気に触れないよう遠心分離し、壊死やしこりの原因となる老化細胞や細胞膜などの不純物を除去します。新鮮なコンデンスリッチファットだけを注入するため、高い定着率を実現出来るようになりました。

    また、最近人気の最新技術としては、光豊胸というものがあります。幅広い波長を持つ特殊な光をバストに照射し、バスト内の組織液浸透圧を下げ、脂肪細胞を膨張させることでバストをボリュームアップさせるものです。同時にバストを支えるクーパー靭帯を強化・補正することでハリや引き上げ効果があり、新陳代謝を促すことで潤いのある美肌効果もあります。また、女性ホルモンを正常・活発化する働きもあるため、そうした面からも豊胸効果が期待出来ます。

    他にも、最新技術を使った豊胸に、献血豊胸というものがあります。自分の血液を採取し、遠心分離によってPPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)という成分を取り出します。これに特殊な熱処理を施してジェル状にし、バストに注入するといった方法です。

    これらの最新技術を利用した豊胸法は、往来の豊胸手術に比べ、そのリスクも大変少なく、仕上がりも自然となりました。しかし、どの方法にもやはりリスクは残っています。自分の脂肪や血液を採ることにももちろんリスクはありますし、新しい技術なだけに、これから新たにリスクが出てくる可能性も否定できないのです。

    新しいからと飛びつくのではなく、よく医師と相談をし、納得の上、自分に合った豊胸法を考えてから行うことが大切なのです。

    豊胸は自分でも出来る安全な方法を選びましょう

    豊胸をするなら、なんと言っても豊胸手術!と思っている方、意外と多いのではないでしょうか。確かに、豊胸手術は一番簡単に、しかも確実に豊胸を行うことのできる方法です。しかし、手術のための費用がとてつもなく高額だったり、実際に豊胸手術を行っても形が悪かったり、後々のケアがとても痛いものだったりして、なかなか豊胸手術で良い思いをした人がいない、というのも、実際の話です。では、豊胸を安全に行う方法がないのか、というと、そういうわけではありません。自分で簡単に出来る、安全な豊胸の方法について、見てみることにしましょう。

    豊胸の方法で、一番安全な方法は自分でケアを行っていく方法です。確かに、自分で行う方法というのはどうしても手さぐりになってしまいがちで、効果が現れ始めるのにも個人差がありますが、これ以上ない安全な方法でもあります。これからご紹介する方法は、人によって向き・不向きがありますし、個人の生活の中に取り入れていくものですから、人によってはやりやすい方法・やりにくい方法があると思いますので、自分のペースで、ゆっくり行っていくことをおすすめします。

    まず、豊胸マッサージを行うという方法です。豊胸をするには、バストの周りにあるリンパ線の流れを良くし、背中やお腹、二の腕などについてしまった脂肪を動かしやすくしてバストに持っていく、という方法です。バストの周りのリンパ線と言えば、脇の下と鎖骨の辺りにあるものですよね。自分の指の腹を使って、気持ち良いと思う強さでゆっくりとマッサージを行います。ある程度揉みほぐせたと思ったら、背中や二の腕のお肉を掴んで、バストに寄せるようなイメージでマッサージをしていきましょう。このマッサージ方法は、豊胸に効果のあると言われているクリームを使用することで、さらに効果を上げることができますよ。

    また、食事療法も自分で行いやすい豊胸法の一つですね。豊胸に効果があると言われている食材には、ワカメなどの海藻類、果物、大豆製品、キャベツなどの野菜などがあります。これらに共通しているのは、女性ホルモンを活発化させるための成分が含まれているということです。特に、キャベツに含まれている「ボロン」という成分や、大豆製品などに含まれている「イソフラボン」という成分が、豊胸には効果的であるということで有名です。是非、試してみて下さいね。

    豊胸クリームでバストアップマッサージをより効果的に!

    最近では、豊胸に関するグッズとして、豊胸クリームというのが一躍人気となってきています。どうしてそんなにも豊胸クリームが有名になっているのでしょうか。また、豊胸クリームというのは、どうやって使用すればいいのでしょうか。単純にバストに塗るだけでは、せっかくの豊胸クリームの効果が半減してしまいます。是非、正しい豊胸クリームの使い方について、きちんと知識を持ってから利用するようにしましょう。豊胸のためのクリームの効果的な使い方を、お教えしたいと思います。

    まず、豊胸クリームというのは、単純に塗るためだけでなく、豊胸マッサージの効果を助けるためのものとして、元々開発されました。豊胸に効果があるマッサージ方法というのは、インターネットやテレビなどで有名になり始めてから、豊胸に興味のある多くの女性が知るようになってきました。この豊胸マッサージが有名になり始めてから、豊胸クリームは少しずつ販売されるようになってきているはずです。豊胸クリームは、豊胸マッサージで乳腺を刺激し、成長し始めようとしているバストを、女性ホルモンの働きを活性化させることによって助けよう、というものです。また、豊胸マッサージでは肌をぎゅっと寄せるような動きが多いので、マッサージをよりスムーズに行うため、としても、利用されるようになってきていますね。

    最近の豊胸クリームによく配合されているのが、「プエラリア」という植物の成分です。このプエラリアというのは、女性ホルモンの働きをしてくれるエストロゲンと、女性ホルモンの働きを活性化させてくれるイソフラボンという成分が含まれています。この二つの成分が皮膚から身体の中に浸透していくことによって、乳腺が成長しようとするのを外からも助けてくれることになる、というわけですね。最近の豊胸クリームの多くはこうしたプエラリアが配合されているものが多いので、見てみるといいでしょう。

    豊胸クリームは、豊胸マッサージを行うときに使用します。まず、最初に手のひらでクリームをしっかり伸ばしてから、自分のバストの全体に塗っていきましょう。この時、鎖骨の辺りや脇の下、そしてバストから背中にかけてのラインにもきちんと塗っておくと、マッサージが便利です。薄くクリームがバスト全体に伸びたと思ったら、そこで豊胸マッサージを行いましょう。特に豊胸マッサージを行わないという人は、夜眠る前にバストに塗っておくと効果的ですね。というのも、女性ホルモンが最も活発になるのが、夜中の11時から3時頃だと言われているからです。

    豊胸クリームを効率よく使用して、みんなでバストアップを目指しましょう。

    このページの先頭へ